イルクーツク

Irkutsk

美しくて、深い歴史に溢れたイルクーツクでロシア語を学びましょう!

川の下流の端は、Golden Onion Domeが特徴のエピファニー大聖堂や、壮大な鐘楼のあるスパスカヤ教会があります。改装された新古典主義のモスクコフスキエヴォロタアーチもあります。

イルクーツクは元々17世紀に金と毛皮を取引する為の集落でしたが、1897年にシベリア横断鉄道の目的地となり、現在のシベリアで6番目に大きな都市になりました。

イルクーツクは、ロシアシベリア東部にあるアンガラ川沿いの都市です。

イルクーツクは文化と教育の中心地であり、数多くの大学と多くの印象的な建築物があります。学生はこの街の美術館、家、公園を探索して楽しむことができます。

イルクーツクとその周辺ですべきこと:

  • イルクーツクからわずか70kmのバイカル湖は、世界で最も古く、最も深い淡水湖です。
  • ブロンシュテインギャラリーは地元のアーティストの展示会が行われるイルクーツクの新しいモダンアート会場です。
  • ズナメンスキー修道院は、この地域の住民にサイン修道院として知られています。
  • Trubetskoy House-Museumは、イルクーツクで2番目のデカブリストの家博物館
  • ヴォルコンスキーハウスは、デカブリストのセルゲイヴォルコンスキー伯爵の家族と、亡命中の彼らの生活に捧げられた博物館です。

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.