シュトゥットガルト

  • anglo-german institute 好きな

    Traditional yet modern, professional yet friendly, structured yet flexible, the anglo-german institute reflects the seemingly conflicting characteristics of the city in whose heart it sits: Stuttgart....

Stuttgart palace

バーデンヴュルテンベルク州の州都であるシュトゥットガルトは、ドイツで6番目に大きな都市です。

海洋気候で、強力な産業基盤をもつ歴史のある都市でもあります。

Despite its size, Stuttgart is known for its friendly, small town atmosphere.Visitors are often surprised by the number of parks, hills and even vineyards across the city.

「ベンツタウン」と呼ばれるこの街は、「自動車の発祥地」とされています。自動車とオートバイは、カールベンツと共にシュトゥットガルトで生まれ、1887年にはゴットリープダイムラーとヴィルヘルムマイバッハによって工業化されました。VWビートルは、フェルディナントポルシェの設計に基づいて、シュトゥットガルトで最初に製造されました。現在、メルセデスベンツ、ポルシェ、マイバッハなどのメーカーがこの地域に拠点を置いています。

近年では、シュトゥットガルトの継続的なダイナミズムを反映したスローガンである「ドイツの創造力」と「ヨーロッパの新しい中心」としての地位を確立しています。

シュトゥットガルトには、メルセデスベンツ博物館とポルシェ博物館があります。ピカソ、ココシュカ、ミロ、ベイスの作品を含む、ドイツで最も重要な近現代美術のコレクションの1つを収容するシュターツギャラリー新美術館やシュターツギャラリーなど、数多くのアートギャラリーや施設もあります。
 

シュトゥットガルトには、メルセデスベンツ博物館とポルシェ博物館があります。ピカソ、ココシュカ、ミロ、ベイスの作品を含む、ドイツで最も重要な近現代美術のコレクションの1つを収容するシュターツギャラリー新美術館やシュターツギャラリーなど、数多くのアートギャラリーや施設もあります。

また、街には活気あふれるバー、クラブ、伝統的なドイツのパブ、ライブ音楽会場、オペラ、劇場があります。

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.