ネルハ

ネルハは、コスタデルソルにある海辺のリゾートです。

コスタデルソルの宝石と呼ばれるネルハの人口はわずか25,000人で、白塗りの建物、美しいビーチが特徴的です。マラガ空港からのアクセスが簡単、温暖な気候のため、学生が一年中充実した時間を過ごせる街です。

夏の間は、何倍もの観光客が旧市街の狭い通りを探索し、日陰のある通りのカフェやレストランで冷たいビールやサングリアのグラスを飲みながら地元の料理を楽しんだり、太陽と砂でのんびりしています。

町の名前はムーア人の治世に由来し、「水が豊富」を意味します。当時、ネルハは果樹園に囲まれ、ティッシュやシルクの飾り布で有名でした。スペインの再征服後、ネルハで最も有名な記念碑である「バルコンデエウロパ」(元々は砲台)を含む要塞がこの地域に建設されました。ここは学生が待ち合わせ場所として利用する場所で、海の素晴らしい景色を眺めることもできます。

街は象徴的なシエラデアルミハラの山々に守られています。

1959年にネルハの洞窟が発見されたことで、ネルハは観光マップに登場しました。コンサートは定期的にいずれかの部屋で開催されます。ネルハの環境と気候は、山歩き、乗馬、テニス、サイクリング、ウォータースポーツなどのアウトドアアクティビティに最適です。特にスキューバダイビングが有名です。

プラザトゥッティフルッティ周辺はナイトライフを楽しめるエリアとして人気で、フラメンコショーが頻繁に行われています。ネルハでは定期的に公演が行われ、楽しいお祭りもあります。春先には、自転車のパレードがあらゆる年齢の数千人のサイクリストを魅了します。5月15日、サンイシドロの祭りでは、経験豊富なライダーが馬に乗って行列に参加できます。マルディグラでは、街中でカーニバルパレードが行われます。

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.