サラマンカ

古代の大学の街、サラマンカは、豪華な歴史的建造物と活気のある学生の雰囲気を備えた野外博物館です。

サラマンカは3世紀にカルタゴ人に征服され、ムーア人に支配される前にローマ人の入植地になりました。その大学はヨーロッパで最も古い大学の1つであり、このスペインの都市には、ルネッサンス、ムーア、ゴシック、ロマネスク、バロックのモニュメントなど、見事な歴史のある建物が数多くあります。サラマンカはユネスコによって世界遺産に登録されており、ベルギーのブルージュとともに欧州文化首都に選ばれました。

スペインで非常に人気のある旅行先でもあります。スペイン語の授業を受けたあとは、素敵な石畳の通りを散策したり、スペインで最も有名な芸術家、作家、科学者、哲学者がかつて住んでいた旧市街の雰囲気を満喫したりしてリラックスしてください。生ハムで有名な村であるギフエロで料理を楽しむこともできます。

マヨール広場は、街の中心にある公共広場で、スペインで最も壮大な広場の1つです。1755年にまでさかのぼる3階建ての建物が立ち並び、闘牛を含む多くの儀式が行われた場所です。

1100年から1200年の間に建設された旧大聖堂を訪れましょう。

ローマの大聖堂は、スペインのこの建築時代の最も印象的な建物の1つです。バロック、ゴシック、プラテレスケの要素を組み合わせて構築するのに2世紀かかったといわれています。魅力的なカサリスは、19世紀の終わりから20世紀の初めまでのいくつかの印象的なオブジェクトを収容するアールヌーボーとアールデコの博物館で、絵画、家具、ジュエリー、アンティークおもちゃ、金、エナメル作品などの展示しています。かつて刑務所だった建物にある革新的なドムスアルティウム現代美術館で、もう少し最近のアートを見学することができます。

サラマンカはスペインで最も美しい都市の1つと広く見なされています。最も純粋なスペイン語(または「カステラーノ」)が話されていると言われているのもサラマンカです。サラマンカは親密な小さな町の雰囲気を保ちながら、大都市の快適さを提供しています。街の人口は約20万人です。

豊かな歴史、美しい建築、リラックスした雰囲気、教育遺産が豊富なこの街は、スペイン語を学ぶのに最適な場所であり、スペインで最も人気のある場所の1つです。

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.